究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~
究極の平屋へご案内シリーズ第2弾!



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13313061.jpg前回のブログで、次回は和室をご案内しますと告知しましたが



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13333280.jpg和室に行く前の廊下を忘れてはいけませんでした。
モデルハウスの玄関入りまして右手




究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13335122.jpg玄関から和室へ向かう時は、こちらでお履き物をお脱ぎください。



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13353092.jpg廊下の壁は、調湿機能抜群の漆喰を塗っているんです。見た目もクロスとは全く異なる質感で、高級感が出ます。又、クロスには必要な接着剤を使用せず、左官作業で作り上げる漆喰壁は、体にやさしい素材です。



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_1336255.jpg床は無垢のチェリー材




究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13365725.jpg左側、
リビングとの間仕切りとして、破れないプラスチック障子のワーロン紙障子3枚引戸を使用しています。
よーく見ても和紙みたい・・・障子の張替えの心配から解放されましょう



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13475627.jpg天井は杉が良い風合いですね




究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_1359758.jpgFIX窓(ガラスが固定されていて、開け閉めができない明かり取り窓)があるので廊下が明るい、明るい。



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13495360.jpgこちらのスティックは何でしょう?



究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13504476.jpg開→←閉と書いてあります。




究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13515166.jpg簡易電動シャッター雨戸でした!ステックをくるりと回転させれば、シャッターが自動で降りてきます。雨戸の開閉は、毎日の重労働ですよね。これでストレスフリーですよ。




究極の平屋へご案内します ~ちょっと廊下編~_a0242500_13523989.jpg次回こそ和室をご紹介致します!つづく

アドバイザー 山本
by kameya_g1 | 2012-07-12 16:00 | 平屋モデルハウスのご案内 | Comments(0)
<< 究極の平屋へご案内します。 ~... 究極の平屋へご案内します。~玄関編~ >>



大阪「岸和田」に本社がある、カメヤグローバル㈱です。注文住宅の会社です
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31