カテゴリ:施工現場"発″( 5 )
日々、勉強。日々、改善。
 みなさん、こんにちは!174.png少し蒸し暑い日が続いておりますが、肌はコンガリ、夏バテ気味のはっしゃんです。今回ご紹介するのは、前回記事からのつづきで「断熱・気密」に関してです。
というのも先日、富田林市M様邸にて認定測定士による「気密測定」を行ってきました。
前回でも触れましたが、断熱性と気密性はセットで考えなくてはいけません(-.-)フム..フム
どれだけ熱抵抗値が高く、厚みのある断熱材を使用しても家の隙間が多ければ(熱の流出入が大きいので気密性が弱い)効果は半減してしまいます。
 しかし、ここがPointですが、気密性能は国の基準や義務がないのです。様々な理由から、必要だと分かっていても制定するのが非常に難しいのです(*_*;
この事から、気密性を重要視はしているが本格的に取り組んでいる住宅会社は少ないのです。
a0242500_14005756.jpg
a0242500_14004625.jpg
  カメヤでは定期的に試験を行い、より良い住宅性能を求め、日々勉強、日々改善を行っています。気密についてもっと詳しい事を知りたい方は、担当者までお気軽に仰って下さいね。 あっ、忘れてました!! ちなみに今回の測定値は 「隙間相当面積 = 1.1 ㎝²/㎡」 でした。それでは次回もお楽しみに。

by kameya_g1 | 2018-09-02 14:10 | 施工現場"発″ | Comments(0)
断熱と気密
 皆さん、こんにちは!(^^)! いかがお過ごしでしょうか。住宅部のはっしゃんです。
(*_*;猛暑がつづいておりますが、当社も暑い中、10数件の注文現場が動いております。
今回ご紹介するのは、通常より断熱を高め、気密を意識した住宅です。

 まず「 断熱 」です。
a0242500_15391104.jpg
a0242500_15390054.jpg

  撮影が悪くて見えづらいですよね。すみません。南面以外の窓に「トリプルガラス」を採用しております。ぬっぬぅ~!(p_-)! ちなみに南面はペアガラスですが、屋根庇(ひさし)をかけており、ちゃんと対策しています。 話を戻すと、家全体の熱の流出は窓からが30%を占めています。壁面は実は15%とそんなに多いとは言えません。断熱を高めるためにはまず窓からが基本です。

 そして、次に「 気密 」です。気密とは隙間の事です。当然ながら隙間が少ないほうが良いのです(=高気密)。みなさんご存知のように当社の断熱は現場吹付発泡を採用しております。構造材との接点がしっかり埋まってくれるので隙間が出来にくいのです。且つ、そんなに高額でもありません。
ところで断熱はというと...フェノールフォーム保温板というものを採用しております。熱抵抗値は比較的高く優秀なのですが、気密がすこし弱い。今回の現場のお施主様は気密にもこだわりたいというお気持ちが強く、床断熱にも現場吹付発泡を採用されました。
a0242500_15382335.jpg
そして最後に、床下点検口にも断熱を入れています。ここは断熱欠損部位として特に見逃しが多い‼(>_<)要注意デス 
以上、最後までお読み頂きありがとうございます。ここでは、要点だけに絞って話してますので詳しくは営業担当までお問合せ下さいね。
a0242500_15384433.jpg

by kameya_g1 | 2018-08-07 19:19 | 施工現場"発″ | Comments(0)
「 制震 」装置のご案内
   皆さん、おはようございます!(^-^) 今週2度目の施工現場"発"をお送りします。
今回は制震装置のご案内です、カメヤは耐震等級3(最高等級)を基本として設計しておりますが、耐震とはその名の通りで地震から耐える構造になっています。そこにプラスαで"制震"つまり地震の揺れを吸収する(低減)装置なのです。(゜_゜)ヘェ~

 下記写真は3M社(スリーエムジャパン)の装置、自動車のブレーキと同じ原理で作用し、地震の揺れを摩擦熱に変えて吸収します。
a0242500_09540924.jpg
この装置の優れている点は、壁倍率5倍(大臣認定)を取得していますので、
どんな住宅の間取りにもほとんど対応出来きます。
a0242500_09534961.jpg
この他、当社では「MIRAIE」住友製や「アルファダンパー」トキワなどを扱っておりますので
詳しくはお問合せ下さい。
では、本日はここまで、住宅部のはっしゃんでした。失礼します!


by kameya_g1 | 2018-06-29 10:24 | 施工現場"発″ | Comments(0)
これ何⁉ ちょっとした”ひと手間”かけています
a0242500_11494597.jpg
  みなさん、こんにちは。住宅部のはっしゃんです。
 
  本日、施工現場からご案内するのは、写真の縦木材(胴縁)の下部にあるアルミの
 部材〝防虫網”なるものです。見ずらくてすみません (~_~)

 どんな役目を果たしているのかというと、外壁の通気工法を採用する場合は写真の縦木材の厚み分が風の通り道として空いています。この部材がないとどんな事が起きるかと言いますと、虫が入ってきます。特に夏場は日陰となり、ましてや敵の目もありません。ちょっと狭いですが、多分居心地が良いのだと思います。 正直言いますと、カメヤも一昔前までは採用しておりませんでした。

  過去こんな事が、、、OB様からリフォーム依頼で外壁を外す場面があります。外してみてビックリ(*_*)、蜂の巣があったのです、怒ったあしなが蜂数十匹に襲われ、現場は一時パニックになりました。あと、コウモリも住んでいた事があります。コウモリの特徴として糞をやたらとします。写真でいうと、ネイビー色の水切り部材に、てんこ盛りです。 (+_+) その他、ゴキブリやトカゲも発見しています。
 
  
a0242500_11492463.jpg
このような苦い経験から、今では全棟標準採用しておりますのでご安心下さい!!

  以上、本日はここまでです。次回もお楽しみに!


 
 


by kameya_g1 | 2018-06-26 21:33 | 施工現場"発″ | Comments(0)
「ホウ酸」!? とは、、、
みなさんこんにちは、今回は当社がお勧めする「ホウ酸処理」について。

              つい先日ある現場の木材劣化対策(防蟻防腐)で使用しました、施工写真です。
a0242500_20124663.jpg
a0242500_20125442.jpg
a0242500_20123516.jpg
通常の防蟻処理(合成殺虫剤)だと半日の作業で終わります。ですが、ホウ酸は2日間(上棟前と後)かかります。
ココがポイント(^O^)/なのですが、前者は室内空気環境を汚す恐れのある為、処理出来る範囲(部位)が限られます。
ところが「ホウ酸」は自然由来(野菜などの食物にも含まれています)な為、全ての木部位に処理する事ができます。(^O^)/
以下は2度目処理
a0242500_20122093.jpg
a0242500_20115617.jpg
a0242500_20114286.jpg
a0242500_20112927.jpg
今回はここまでにさせて頂き次回はより詳しくお話し出来たらと思います。
業界では徐々に認知が進み、今後、大注目の木材処理でした!!(^^♪


by kameya_g1 | 2018-05-15 20:29 | 施工現場"発″ | Comments(0)



大阪の岸和田に本社がある、カメヤグローバルという評判の!!注文住宅の会社です。日常のあれこれを、スタッフが綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
失礼な!あたしゃまだまだ..
by アラカン戦士 at 11:36
hayamiさま コメ..
by kameya_g1 at 14:24
花は好きですが、花粉症で..
by hayami at 16:19
コメント有難うございます..
by 速水さま at 17:18
頑張ってますね、及川デザ..
by 速水 at 17:05
写真ないのが残念ですね!..
by 速水 at 17:03
最新の記事
日々、勉強。日々、改善。
at 2018-09-02 14:10
断熱と気密
at 2018-08-07 19:19
 見学会でのひとコマ
at 2018-07-15 19:03
 再【完成見学会】のご案内
at 2018-07-09 18:47
【 完成見学会 】のご案内
at 2018-07-08 11:46
外部リンク
記事ランキング
画像一覧